SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
RECOMMEND
アズ・ファウンド
アズ・ファウンド (JUGEMレビュー »)
フグ
フグ料理というのがある。海豚と書いてフグである。ぷくっとふくらんだあの奇怪な魚を捌いて食って運が悪けりゃ毒に当たってこの世とグッバイというデンジャーな魚でなかなかに高価であるが、自分、貧乏であるからにしてそんなものはとんと食したことはない。しかし近頃遠くフランスよりどういったわけか「フグ」なる名を冠した評判のアーティスト(Fuguはメディ・ザナードのソロ・プロジェクトです)が現れたっつうんで、おし、じゃここらで一丁食してみるかってんで、食らってみた。箸を伸ばして切り身をひとくち、口の中に広がるのは伸びやかでさわやかーでポップなメロディ。なるほど納得グルメ満足。胃袋に転がり落ちたらばトゲトゲしたアナタもワタシも優しくなれるのね。近頃怒りっぽくなっちゃった大切な人への贈り物に最適です。Tahiti 80全面バックアップで、もちろんタヒチ好きからベルセバ等のインディポップ好きまで、どぞ。
RECOMMEND
Kommunicator
Kommunicator (JUGEMレビュー »)
Five Deez
Fat Jonを中心とした米国・オハイオ州はシンシナティ出身のヒップホップグループ、FIVE DEEZの3枚目。Fat Jonがテクノの本拠・ベルリンに居を移したということも如実に影響を与えてるんじゃなかろうか、ひんやりとした聴き心地のエレクトロトラックに高速MCでクールにまくしたてる"Fugg That"やライヴでの盛り上がりがいまからでも想像できる女性ヴォーカルをサンプリングしたポップな"BMW"等聴き所は満載。ジャジーなエレクトロトラックに表情変えずにひたすら流麗に紡がれてゆくMC。宇宙空間に放たれるヒップホップ。
RECOMMEND
The Enemies
The Enemies (JUGEMレビュー »)
Headlights
名門インディレーベルPOLYVINYLより注目の新人さん。 HEADLIGHTSの2005年の1stEP。 男女ツインボーカルだが、女子メンバーErinがヴォーカルを執る"It Isn't Easy To Live That Well"は全インディポップ好きが浮き足だつこと必至の名曲、やわらかな雰囲気が春の到来を感じさせる。 BROKEN SOCIAL SCENEなどのArts & Crafts界隈、特にSTARSなどのカナディアンインディロックを好む人にもお勧めできる好内容EPでございます。期待。
RECOMMEND
The Soft and the Hardcore
The Soft and the Hardcore (JUGEMレビュー »)
Tender Forever
女子版POSTAL SERVICEだとかエレクトロポップに走ったCAT POWERだとか色々な形容されておりますオリンピアのK RECORDS所属、 フランス人女性Melanie ValeraのひとりユニットTENDER FOREVER。 チープっちゃチープですが手作り感があって暖かい打ち込みトラックに表現力豊かで意外にエモーショナルなヴォーカルで歌われるちょっと切ないエレクトロポップ。 全12曲26分、あっちゅうまに駆け抜けながらもじんわりとしたものを残してくれる良盤。
RECOMMEND
Nice and Nicely Done
Nice and Nicely Done (JUGEMレビュー »)
The Spinto Band
CLAP YOUR HANDS SAY YEAHととともにへろへろ系インディバンドの旗手としてこれからでっかくなってゆきそうな米国はデラウェア出身の7人組・The Spinto Bandの(一般流通盤としては)1stアルバム。プレスではYo La Tengo+Pavement+Flaming Lipsなんて言われてますがなるほど、納得。確かにこの3バンドの良いとこどり。さらに1stの頃のSTROKES的テイストも入るかな。ヴォーカルは決して上手とはいえない脱力へなちょこテイスト。アルバム中もっともLips的と思われる"Oh Mandy"がとにかくすばらしい。気になるのは収録楽曲がバラエティ豊かすぎて散漫、アルバムを流れとして考えずこの曲のあとにこれ?的な箇所が見受けられるようなとこだけど、そこらへんを差し引いても聴く価値はある好内容なアルバム。
RECOMMEND
The Greatest
The Greatest (JUGEMレビュー »)
Cat Power
USインディ・シーンのヒロイン的存在兼猫娘、CAT POWERの3年ぶり新作。デイヴ・グロール(FOO FIGHTERS)やエディ・ヴェダー(PEARL JAM)らの大物ゲストの協力を得てざっくりとした仕上がりだった前作と比して、なんといっても特徴的なのがアルバム全編を包括する、母性とも言えるなんともいえないやわらかさ、たおやかさ。サウンドもそうだし、のびのびとしたヴォーカルワークも。冒頭の"The Greatest"からラストに至るまで、隙間なくChan Marshallの慈愛に満ち溢れた良作!最初は「んー・・・・?」でしたが聴きこむほどに味が染みてゆきます。こういう作品は、残るよ。
RECOMMEND
Set Yourself on Fire
Set Yourself on Fire (JUGEMレビュー »)
Stars
ARCADE FIREやBROKEN SOCIAL SCENEなどなどカナダ産バンドが大注目を集めた2005年、個人的に最も聴いたカナディアン・サウンドがこれ、ARTS & CRAFTSに所属、BROKEN SOCIAL SCENEなんかともメンバーが重複してる男女4人組STARSの3rd。青空の下で聴きたい開放的なサウンドにさわやかな女性ヴォーカルが気持ちいい名曲"Ageless Beauty"にはずいぶんとお世話になりました。全編を通してSTARS流エレポップに死角なし、これぞ理想的なインディポップアルバム。2005年5月には来日してましたが見逃したのが悔やまれる。
RECOMMEND
Before the Dawn Heals Us
Before the Dawn Heals Us (JUGEMレビュー »)
M83
フランスの優良ダンスレーベルGOOOMを代表するアーティスト、Anthony GonzalesのソロプロジェクトであるM83の3rd。キラキラしてて、ロマンティックでメロウ。エレクトロニカとシューゲイザーを絶妙の割合で配し、荘厳で、崇高ささえ感じさせる"現代版・宇宙から神が降りてくる音楽"。ポップな曲が多く、内容は超充実の大満足盤でした。"Can't Stop"はめちゃめちゃ聴いたし、友人に配るコンピなんかにはこぞって入れてました。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

折からのフリーフォークブームなんてのもあってRemix、COOKIE SCENEなどなど各誌で特集組んでましたが、この人を大きく取り上げないのは失敗だったのでは。1st「Night Piece」がNYのレーベルからリリース、PitchfolkやWIREなどの海外メディアから高評価を受けて本国日本でも話題を集めつつあった気鋭のシンガーソングライター・トクマルシューゴの2ndアルバム。ゆっくりとやわらかに展開してゆくトクマルワールドに、囁くような歌で以って生命を吹き込む。ドリーミーだし、ある意味サイケだし、はたまた古いおもちゃのように懐かしくもかわいらしくもあるポップソング集だけどもその裏では緻密に練りに練られた至福の音響空間をつくりあげる職人・トクマルの姿が垣間見られる。いまはあまり売れなくっても50年後に超名盤とかされてそうなタイプ。
RECOMMEND
Sanddollars
Sanddollars (JUGEMレビュー »)
Why?
アルバム「Elephant Eyelash」に先んじてリリースされた8曲入り、20分のEPであるが、このEPの内容のほうが素晴らしいつうのはどういった仕組であるか。冒頭の"Miss Ohio's Nameless"からPavement風味なローファイポップソングでつかみはオッケー。続くダウナーな"500 fingernails"は従来のAnticonファンにはどんぴしゃなダークサイケっぷりを発露。とどめはとびきり明るくポップな"Sanddollars"でごちそうさま。決してアナタを飽きさせません。激しくオススメ。
RECOMMEND
The Campfire Headphase
The Campfire Headphase (JUGEMレビュー »)
Boards of Canada
2005年度エレクトロニカ界隈(あえて界隈にしときます)最重要盤であるところは間違いないであろう3年半ぶり!となるBoards Of Canadaの最新アルバム。儚くも美しいエレクトロ・サイケデリアな基本路線は変わってませんが氷のようにひんやりとした前作からは少し温かみが増したかも。空間がねじれてゆき、ひとり見知らぬ土地に取り残されるときの、最後に触れた人肌のあたたかさ。そして、思いを秘めたままに誰も居ない原野をひとり歩むときのためのサウンドトラック。
RECOMMEND
Feels
Feels (JUGEMレビュー »)
Animal Collective
Jackie-o MotherfuckerからAnimal Collective、そしてDevendra Banhartまで。アンダーグラウンドにて静かなムーヴメントを起こしてきてたアシッド・フォークシーンですが、待ちに待たれた大本命、Animal Collectiveのニューアルバムによって、このへんのアーティストの音はより多くの人の耳に届けられることになるでしょう。正式なメンバーは4人だけども固定せずに、2人でも1人でも3人でもアニマルコレクティヴですよ、(だっていっつも一緒のメンバーでやってたら息が詰まっちゃうもの、ってそれ正解)っていう柔軟な姿勢で音つくりを続けてきた鬼才集団、バンドというよりはコミュニティな彼ら。久々に4人全員揃ってのアルバムはグループをネクストレヴェルへと押しあげることに成功した一大サイケデリックポップ絵巻!この作品でもってAnimal Collectiveは気持ち悪くもなんでだか気持ちよい、夢の中のおはなしのような、神隠しの森のなかで起こる出来事のような、独特のネイチャーバリバリの奇妙なる桃源郷をこの世界に現出させたのであります。もうほっとけません、離しません。降参しました、アニコレのトリコです。
RECOMMEND
Takk…
Takk… (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
2002年の「( )」より3年。ビョークと並びアイスランドを代表する存在となったSigur Rosが1年半にも及ぶレコーディングの末に産み落とした新作「Takk...」が到着。デビュー以来一貫して独自の音世界を築き上げてきた彼らのサウンドはまたも進化。内省的な前作に比べて、開放感にあふれ、壮大かつ、劇的でメリハリの利いた曲展開で、前作、前々作を天上から降り注ぐ天使の楽団の奏でる音楽、とすれば今作は地に足をつけて天空に舞いあがってゆくかのようなへヴィな力強さをみせている。随所に印象的なメロディが挟み込まれ、Sigur Ros史上もっとも"ポップ"で耳馴染みの良い仕上がり。数多くのアーティストが現れては消え行く現代消費社会のミュージックシーンにおいてSigur Rosは真に伝説的な存在として後世に名を残すことになるかもしれない。そんな予感すら漂う、期待値を遥かに超えるすさまじい出来栄えに、ただただ唖然。
RECOMMEND
Skeleton Jar
Skeleton Jar (JUGEMレビュー »)
Youth Group
DEATH CAB FOR CUTIEのクリスも絶賛のオーストラリアのバンドのデビュー盤。USではなぜかパンクレーベル大手のEpitaphと契約ですが、デスキャブをはじめとするUSインディ好きから果てはUKロック好きの心までをも捉えるであろうストレートに優しいメロディ、微熱から徐々にあったまってゆく演奏等聴きどころはたくさん。"Shadowland"、"Baby Body"、"Someone Elese's Dream"など、特に素晴らしい出来です。まだ日本国内では殆ど知られておらず、動きも鈍いですが、これから必ず!メディアに大フューチャーされるのではないかと確信しております。賞賛を受けるも年内に国内盤は出ず、来年夏フェス(サマソニかな)出演で国内盤がリリース、という道を辿りそうな予感。全国のレコードショップROCK担当の皆さんには是非DEATH CAB FOR CUTIEの新作といっしょに試聴展開していただきたい一枚。超レコメンドゥ!
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
SPONSORED LINKS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
music news/disc review/live report

instrument & lightnin'

<< ■live:13 & God、来日公演続報■ | main | ■new release:くるり、9月&10月シングル、11月アルバム■ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■live report:05/8/23 "Oral art festival of Feminism"
急遽、下記のイベントにいってきました。

-Oral art festival of Feminism-
2005.08.23 at 渋谷club asia

live act: 灰野敬二/54-71/euphoria
opening live: 三上ちさこ(ex fra-foa)

documentary movie: 太田信吾監督(学生)『Midoriyama』
hair show:Kouhei Otsuki(学生)
opening VJ: Sachiyo Saito
Model: Midori,Kana

学生会サークルMEME主催イベント

〜「学術以外の表現形式を用いて社会価値を提案する」をコンセプトに来期よりNPO法人として独立する予定であり、都内各大学の学生が集まり組織運営されているMEMEが主催するイベント第二回目。 今回はフェミニズム〜女性性再考〜をテーマに一線で活躍するアーティストと学生アーティストが混交する形で、表現者同士の確立と交流、観る者への価値提案を目指し、各大学から集まる学生スタッフが企画運営する。その表現によって女性を思考するアーティストのみを招く女性の祭典!!〜

続きを読むでライヴレポ
女性の祭典と言えど、主だった出演アーティストは男性。
Asiaでやったのですが、0-East & 0-Westでビジュアル系のバンドのおまつりがあったらしく、ラブホテル街に大量のゴスっ子、ロリっ子がわだかまってるさまはなんだかエネルギッシュかつ異様で、異質なものを愛する俺としては非情に興味深い光景だった。
いきなり入り口の荷物検査でサンダルはダメよ、とのお達し。前に並んでた人がはじかれてたのですが、ビルケンサンダルは脱げないだろうとのことでなんとか入れてもらえました(なかに入ると女性を中心にサンダルだらけだったことを追記しとく)。しかし、直前に喉の渇きを潤すために買ったお茶はボッシュート。とほほ。Asiaって厳しいなあ・・・・。

三上ちさこ
まずはオープニングアクトで、三上ちさこ with ギター一本。
元fra-foaの人です。
激情&痙攣系のヴォーカリスト、でした。
やたら上手い。そりゃfra-foaだしね。
メジャー臭がしすぎて好みではまったくなかったんだけど、たまにはこういうのもいいかもね。まあ、歌の上手さで普通に聴けました。アルバムではTV ON THE RADIOのドラマーが叩いてるらしいよ。稼いでるなあ。宇多田ヒカルのアルバムでMars Voltaのドラマーが叩いてたときよりはびっくりしなかった。
歌が重かったので酒がまずかったですよ(笑

そのあとに、Hair Cutのショウとクラシックのショウがある。
Hair Cutのときに、ライトで照らされるモデルさんの髪がはらはらと落ちてくさまがなんだかエロくて良かったです。

灰野敬二
日本のアヴァンギャルド/ノイズ界隈で伝説的なお方ですが、うーん、見るチャンスが訪れるとは思わなかった。
サンプリングの機械と、マイクが数本と、灰野氏1人でのヴォイス・パフォーマンス。ステージは真っ暗。機械をいじくるときに手元を照らすライトがまた、灰野氏をぼうっと浮かびあがらせてえもいわれぬ暗黒っぷり。自分の声をその場で録音して、ループさせて、そのうえからまた自身の陰鬱なヴォーカルを重ねてゆくといった手法。かと思ったら朗々と歌い上げたり、途切れ途切れに言葉をつないだり、と、思ったらば喉も破けよとシャウトしたり。呪術的で怪しげな世界に吸い込まれました。ぐるぐるぐるぐる。
言葉が書きとめてあるらしきノートが無印良品ぽかったのが、意外ということで。
オフィシャルサイトコチラ

Euphoria
まず、ヴォーカルギターの人がココリコ田中に似ている。
ドラムの人がFlying RhytmsのTシャツを着ている。
とか音と関係のないことを幾つか、思う。
サイトによるといつもと異なるセットだったみたいですね。
前半はアコースティックギターやキーボード、少しのドラムで奏でられる優しい感触の音(Album Leafみたい)。うしろのでっかいモニターでは家族のプライベートフィルムが流れる。心地よかったです。座って観ちゃってたんだけど良かったのだろうか。皆座ってた。
後半はセットチェンジして、モグワイばりの轟音ギター大会。
とはいえ、巷にあふれる単なるモグフォロワーとは一味違う面もあり。ちょっとトライバルなリズムを叩き出すドラムとか、新味を与えてましたねー。 良いライヴでした。また観たいです。
最後の挨拶が丁寧でした。好感度大。
オフィシャルサイト&試聴コチラ

54-71
ラスト、54-71。
今日のセットはドラムとキーボードがまんなかにぎゅぎゅって固まってて、いままで観たことがないセット。
メンバー登場・・・したものん、あれ、BINGOさんの姿がなし。
ざわざわしてるので後ろ振り返ると、2階のPA席から降りてくるBINGO氏!
しかも、じょ、女装してる!駆け足で客席をすり抜けステージに飛び上がり、くねくね踊る。
髪がぼわっと広がったちりちりパーマのカツラで黒の網タイツ(金太郎さんみたいなやつ)にハート柄のパンティ・・・。
いったいどういうことでしょう。
イベントの趣旨にひっかけたのかな。それにしても・・・。
ともかくこんな54観たことない。うはー。
音のほうは相も変わらずベースブリブリでドラムパスパスでかっこよかったですが、やっぱりBINGOさんが暴れまくり踊りまくると面白くて仕方ない。3人になってからいちばん良いライヴでした。かつ、いちばん変態度が濃いライヴでもありました。
最後は編みタイツ破り捨てて脱いでましたね。
隣の隣くらいにいたデカイオカマさんが異様に興奮してました。
ステージ脇に階段があるのですが、そこを駆け上ってまた2階のPA席から飛び降りたりやりたい放題。
なぜか会場に親同伴の小学生がいたのですが、「こわーい」と言って泣きそうでした。でもちょっと笑ってました。
3人になってからはどーも釈然としないライヴが続いててちょっと飽き気味だったんですが、この日は満足。こういう方向でやってくのなら、海外バンドの前座で「また54-71か・・」とか言わないよ。でも、やっぱりちょっとは歌って欲しいことこのうえなし。
オフィシャルサイトコチラ

という感じでした。
終ってみれば、いろいろなものが見れたし、楽しいイベントでした。
会場がクーラーがんがんで激寒だったのを除けば・・・・。
| ライヴ・レポート | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:54 | - | - |
COMMENT
COMMENT POSTING









TRACKBACK URL
http://lightnin1979.jugem.jp/trackback/25
TRACKBACK