SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
RECOMMEND
アズ・ファウンド
アズ・ファウンド (JUGEMレビュー »)
フグ
フグ料理というのがある。海豚と書いてフグである。ぷくっとふくらんだあの奇怪な魚を捌いて食って運が悪けりゃ毒に当たってこの世とグッバイというデンジャーな魚でなかなかに高価であるが、自分、貧乏であるからにしてそんなものはとんと食したことはない。しかし近頃遠くフランスよりどういったわけか「フグ」なる名を冠した評判のアーティスト(Fuguはメディ・ザナードのソロ・プロジェクトです)が現れたっつうんで、おし、じゃここらで一丁食してみるかってんで、食らってみた。箸を伸ばして切り身をひとくち、口の中に広がるのは伸びやかでさわやかーでポップなメロディ。なるほど納得グルメ満足。胃袋に転がり落ちたらばトゲトゲしたアナタもワタシも優しくなれるのね。近頃怒りっぽくなっちゃった大切な人への贈り物に最適です。Tahiti 80全面バックアップで、もちろんタヒチ好きからベルセバ等のインディポップ好きまで、どぞ。
RECOMMEND
Kommunicator
Kommunicator (JUGEMレビュー »)
Five Deez
Fat Jonを中心とした米国・オハイオ州はシンシナティ出身のヒップホップグループ、FIVE DEEZの3枚目。Fat Jonがテクノの本拠・ベルリンに居を移したということも如実に影響を与えてるんじゃなかろうか、ひんやりとした聴き心地のエレクトロトラックに高速MCでクールにまくしたてる"Fugg That"やライヴでの盛り上がりがいまからでも想像できる女性ヴォーカルをサンプリングしたポップな"BMW"等聴き所は満載。ジャジーなエレクトロトラックに表情変えずにひたすら流麗に紡がれてゆくMC。宇宙空間に放たれるヒップホップ。
RECOMMEND
The Enemies
The Enemies (JUGEMレビュー »)
Headlights
名門インディレーベルPOLYVINYLより注目の新人さん。 HEADLIGHTSの2005年の1stEP。 男女ツインボーカルだが、女子メンバーErinがヴォーカルを執る"It Isn't Easy To Live That Well"は全インディポップ好きが浮き足だつこと必至の名曲、やわらかな雰囲気が春の到来を感じさせる。 BROKEN SOCIAL SCENEなどのArts & Crafts界隈、特にSTARSなどのカナディアンインディロックを好む人にもお勧めできる好内容EPでございます。期待。
RECOMMEND
The Soft and the Hardcore
The Soft and the Hardcore (JUGEMレビュー »)
Tender Forever
女子版POSTAL SERVICEだとかエレクトロポップに走ったCAT POWERだとか色々な形容されておりますオリンピアのK RECORDS所属、 フランス人女性Melanie ValeraのひとりユニットTENDER FOREVER。 チープっちゃチープですが手作り感があって暖かい打ち込みトラックに表現力豊かで意外にエモーショナルなヴォーカルで歌われるちょっと切ないエレクトロポップ。 全12曲26分、あっちゅうまに駆け抜けながらもじんわりとしたものを残してくれる良盤。
RECOMMEND
Nice and Nicely Done
Nice and Nicely Done (JUGEMレビュー »)
The Spinto Band
CLAP YOUR HANDS SAY YEAHととともにへろへろ系インディバンドの旗手としてこれからでっかくなってゆきそうな米国はデラウェア出身の7人組・The Spinto Bandの(一般流通盤としては)1stアルバム。プレスではYo La Tengo+Pavement+Flaming Lipsなんて言われてますがなるほど、納得。確かにこの3バンドの良いとこどり。さらに1stの頃のSTROKES的テイストも入るかな。ヴォーカルは決して上手とはいえない脱力へなちょこテイスト。アルバム中もっともLips的と思われる"Oh Mandy"がとにかくすばらしい。気になるのは収録楽曲がバラエティ豊かすぎて散漫、アルバムを流れとして考えずこの曲のあとにこれ?的な箇所が見受けられるようなとこだけど、そこらへんを差し引いても聴く価値はある好内容なアルバム。
RECOMMEND
The Greatest
The Greatest (JUGEMレビュー »)
Cat Power
USインディ・シーンのヒロイン的存在兼猫娘、CAT POWERの3年ぶり新作。デイヴ・グロール(FOO FIGHTERS)やエディ・ヴェダー(PEARL JAM)らの大物ゲストの協力を得てざっくりとした仕上がりだった前作と比して、なんといっても特徴的なのがアルバム全編を包括する、母性とも言えるなんともいえないやわらかさ、たおやかさ。サウンドもそうだし、のびのびとしたヴォーカルワークも。冒頭の"The Greatest"からラストに至るまで、隙間なくChan Marshallの慈愛に満ち溢れた良作!最初は「んー・・・・?」でしたが聴きこむほどに味が染みてゆきます。こういう作品は、残るよ。
RECOMMEND
Set Yourself on Fire
Set Yourself on Fire (JUGEMレビュー »)
Stars
ARCADE FIREやBROKEN SOCIAL SCENEなどなどカナダ産バンドが大注目を集めた2005年、個人的に最も聴いたカナディアン・サウンドがこれ、ARTS & CRAFTSに所属、BROKEN SOCIAL SCENEなんかともメンバーが重複してる男女4人組STARSの3rd。青空の下で聴きたい開放的なサウンドにさわやかな女性ヴォーカルが気持ちいい名曲"Ageless Beauty"にはずいぶんとお世話になりました。全編を通してSTARS流エレポップに死角なし、これぞ理想的なインディポップアルバム。2005年5月には来日してましたが見逃したのが悔やまれる。
RECOMMEND
Before the Dawn Heals Us
Before the Dawn Heals Us (JUGEMレビュー »)
M83
フランスの優良ダンスレーベルGOOOMを代表するアーティスト、Anthony GonzalesのソロプロジェクトであるM83の3rd。キラキラしてて、ロマンティックでメロウ。エレクトロニカとシューゲイザーを絶妙の割合で配し、荘厳で、崇高ささえ感じさせる"現代版・宇宙から神が降りてくる音楽"。ポップな曲が多く、内容は超充実の大満足盤でした。"Can't Stop"はめちゃめちゃ聴いたし、友人に配るコンピなんかにはこぞって入れてました。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

折からのフリーフォークブームなんてのもあってRemix、COOKIE SCENEなどなど各誌で特集組んでましたが、この人を大きく取り上げないのは失敗だったのでは。1st「Night Piece」がNYのレーベルからリリース、PitchfolkやWIREなどの海外メディアから高評価を受けて本国日本でも話題を集めつつあった気鋭のシンガーソングライター・トクマルシューゴの2ndアルバム。ゆっくりとやわらかに展開してゆくトクマルワールドに、囁くような歌で以って生命を吹き込む。ドリーミーだし、ある意味サイケだし、はたまた古いおもちゃのように懐かしくもかわいらしくもあるポップソング集だけどもその裏では緻密に練りに練られた至福の音響空間をつくりあげる職人・トクマルの姿が垣間見られる。いまはあまり売れなくっても50年後に超名盤とかされてそうなタイプ。
RECOMMEND
Sanddollars
Sanddollars (JUGEMレビュー »)
Why?
アルバム「Elephant Eyelash」に先んじてリリースされた8曲入り、20分のEPであるが、このEPの内容のほうが素晴らしいつうのはどういった仕組であるか。冒頭の"Miss Ohio's Nameless"からPavement風味なローファイポップソングでつかみはオッケー。続くダウナーな"500 fingernails"は従来のAnticonファンにはどんぴしゃなダークサイケっぷりを発露。とどめはとびきり明るくポップな"Sanddollars"でごちそうさま。決してアナタを飽きさせません。激しくオススメ。
RECOMMEND
The Campfire Headphase
The Campfire Headphase (JUGEMレビュー »)
Boards of Canada
2005年度エレクトロニカ界隈(あえて界隈にしときます)最重要盤であるところは間違いないであろう3年半ぶり!となるBoards Of Canadaの最新アルバム。儚くも美しいエレクトロ・サイケデリアな基本路線は変わってませんが氷のようにひんやりとした前作からは少し温かみが増したかも。空間がねじれてゆき、ひとり見知らぬ土地に取り残されるときの、最後に触れた人肌のあたたかさ。そして、思いを秘めたままに誰も居ない原野をひとり歩むときのためのサウンドトラック。
RECOMMEND
Feels
Feels (JUGEMレビュー »)
Animal Collective
Jackie-o MotherfuckerからAnimal Collective、そしてDevendra Banhartまで。アンダーグラウンドにて静かなムーヴメントを起こしてきてたアシッド・フォークシーンですが、待ちに待たれた大本命、Animal Collectiveのニューアルバムによって、このへんのアーティストの音はより多くの人の耳に届けられることになるでしょう。正式なメンバーは4人だけども固定せずに、2人でも1人でも3人でもアニマルコレクティヴですよ、(だっていっつも一緒のメンバーでやってたら息が詰まっちゃうもの、ってそれ正解)っていう柔軟な姿勢で音つくりを続けてきた鬼才集団、バンドというよりはコミュニティな彼ら。久々に4人全員揃ってのアルバムはグループをネクストレヴェルへと押しあげることに成功した一大サイケデリックポップ絵巻!この作品でもってAnimal Collectiveは気持ち悪くもなんでだか気持ちよい、夢の中のおはなしのような、神隠しの森のなかで起こる出来事のような、独特のネイチャーバリバリの奇妙なる桃源郷をこの世界に現出させたのであります。もうほっとけません、離しません。降参しました、アニコレのトリコです。
RECOMMEND
Takk…
Takk… (JUGEMレビュー »)
シガー・ロス
2002年の「( )」より3年。ビョークと並びアイスランドを代表する存在となったSigur Rosが1年半にも及ぶレコーディングの末に産み落とした新作「Takk...」が到着。デビュー以来一貫して独自の音世界を築き上げてきた彼らのサウンドはまたも進化。内省的な前作に比べて、開放感にあふれ、壮大かつ、劇的でメリハリの利いた曲展開で、前作、前々作を天上から降り注ぐ天使の楽団の奏でる音楽、とすれば今作は地に足をつけて天空に舞いあがってゆくかのようなへヴィな力強さをみせている。随所に印象的なメロディが挟み込まれ、Sigur Ros史上もっとも"ポップ"で耳馴染みの良い仕上がり。数多くのアーティストが現れては消え行く現代消費社会のミュージックシーンにおいてSigur Rosは真に伝説的な存在として後世に名を残すことになるかもしれない。そんな予感すら漂う、期待値を遥かに超えるすさまじい出来栄えに、ただただ唖然。
RECOMMEND
Skeleton Jar
Skeleton Jar (JUGEMレビュー »)
Youth Group
DEATH CAB FOR CUTIEのクリスも絶賛のオーストラリアのバンドのデビュー盤。USではなぜかパンクレーベル大手のEpitaphと契約ですが、デスキャブをはじめとするUSインディ好きから果てはUKロック好きの心までをも捉えるであろうストレートに優しいメロディ、微熱から徐々にあったまってゆく演奏等聴きどころはたくさん。"Shadowland"、"Baby Body"、"Someone Elese's Dream"など、特に素晴らしい出来です。まだ日本国内では殆ど知られておらず、動きも鈍いですが、これから必ず!メディアに大フューチャーされるのではないかと確信しております。賞賛を受けるも年内に国内盤は出ず、来年夏フェス(サマソニかな)出演で国内盤がリリース、という道を辿りそうな予感。全国のレコードショップROCK担当の皆さんには是非DEATH CAB FOR CUTIEの新作といっしょに試聴展開していただきたい一枚。超レコメンドゥ!
LINKS
PROFILE
ARCHIVES
SPONSORED LINKS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
music news/disc review/live report

instrument & lightnin'

<< ■new release:DEATH CAB FOR CUTIE、新作全曲試聴■ | main | DJイベントやります >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■live report:05/8/28 "METAMORPHOSE 2005"■
metamo2
メタモいってきました。

"METAMORPHOSE 2005"
8/27(SAT)16時開場/18時開演
8/28(SUN)11時終演
伊豆・修善寺自転車の国サイクルスポーツセンター

メタモは初参加。
HIFANA → BOOM BOOM SATELITES → ROVO → TORTOISE → EYE → KAORU INOUE → OUT HUD

の順番でみました。

以下、続きを読む、で詳細レポへ。
今回はバスツアーで伊豆修善寺へ。
13時に新宿集合。
チケット代混みで14800円は安いと思う。(ちけは10000円)
13時半に出発で、到着が17時半くらい。
チケット引き換えでえらい並んだけどもなんとか18時半スタートのHIFANAに間に合う。

HIFANA (SOLAR STAGE 18:30〜)
2ndが出たばっか。
噂の人力ブレイクビーツ2人組from東京・吉祥寺。
SOLAR STAGEはいちおメインステージという扱いになるのだろうか。 TORTOISE、GALAXY 2 GALAXY、ブンブン、ROVOなんかが出演。
着いてみたらば思ったよりも小さいステージだったのでびっくり。フジのホワイトよりも少し小さいのかなあ。
ずっと観たくて、期待してたんだけども、期待通りの出来でした。かっこよかったのです。映像もいいよなあ。ただ、きちんとトイレを済ませていればもっと楽しめた!しょっぱなだったからまだそんなに気分あがってなかったけど、終る頃には良い感じにギアがあったまってきました。周りは既にラリってる感じだったけども。てか、ステージが既に煙草じゃない煙でモクモク。

HIFANA終わったら日が沈んで、会場が真っ暗に。
灯りが少なくて、足元が見えずに戸惑う。
懐中電灯もってくれば良かった!
会場は全体的にゆるーい雰囲気で。
運営もゆるーい雰囲気で。
場所は用意したから勝手に踊れば?的な。良い意味で。
フジやサマソニのように手がゆきとどいてる感じじゃなくって、DIYで頑張ってください、ってこっちに寄越してるような。スタッフも少ないし。ステージは簡素だし。案内はアバウトだし(笑)。なんか、運営費、ないんだろーなー。削れるところはがつがつ削ってる感じ。タイムテーブルとか、リストバンドとか。最初は「え、これどーなんだよ」とか思ったけども、そのうち、ま、いっかと思うようになった。それにしてもやっぱメタモは大人ばっかで痛い人が少なくっていいです。無理する人もいなくって、素敵。遊び方を知ってる人ばっかが集まってる感じだったなー。

BOOM BOOM SATELITES (SOLAR STAGE 20:00〜)
ブンブンです。やっぱし彼らは日本が世界に誇るダンスアクトなのだなあと考えを新たにした次第。
最初はSOLAR STAGEに下る階段の踊り場でビール飲みつ、酔っ払いつつ適度に踊ってたのだけど中盤〜後半はフロアに降りてって、観る。当たり前だけど音の食らい方、大きさがまるで違う!踊りまくりましたー。かっこよかったです!

次はROVOだけども、その前に他ステージの偵察。
こののちにEYEとか井上薫を観ることになるであろうDJステージ、PLANET STAGEへ。足場が悪いキャンプサイトを突っ切ってゆく。辿りついたPLANET STAGEはミラーボールがキラキラ輝いてる。いい。回してたのはKIHIRA NAOKI。演歌/歌謡曲みたいなのにビートのっけてました、面白。

ROVO (SOLAR STAGE 21:50〜)
で、ROVOです。
最終的には前から3番目くらいまで行ってしまいました。
フジでのROVOがあんまり良くなかったと聴いていたのでちと不安でしたが、不安をかっ消す素晴らしいライヴでした!
出だしこそ微妙であったものの、徐々に盛り上げてゆくあたりはさすが。踊り狂い。映像もすごく良かった。キラキラしてて、星が降ってきてました。気づけば大宇宙の只中に。前回観たのはフジロックの昼間のホワイトステージだったのだけど、やっぱROVOは夜に観るべきだなあと思った。 メタモのベストアクトかなあ。

ROVOのあとは飯をしつらえる。
ドネル・ケバブ屋さんでチキン・ライス・ケバブを購入、食す。
上手いが胃を満たすにはまだ足りない。
TORTOISEまでゆっくりする。
バナナを100円で買って食いました。

TORTOISE (SOLAR STAGE 00:00〜)
メタモに参加を決めたのってやっぱ彼らが出演するからだった。
今年1月の単独で既に2回観てるので今年3度目。
セットも映像も1月の来日時と大きく変わってる様子はなく、TORTOISEらしい適所を小気味よく決めてゆく演奏。
前方に向かい合わせでツインドラム、後方中央にキーボード、後方の左右にベース&ギター。この立ち位置で演奏してるときがいちばんぐっと来ます。ただ、ブンブンとROVOで消耗しきっていたので正直疲れが・・・・・。少し眠くなってしまった場面もあり。
この日のTORTOISEといえば、ハプニングが。
序盤3曲目あたりで上半身裸の男が、どこをどうかいくぐったのか、勝手にステージに上がりこんで踊ってた。雨乞いするようなしぐさをしたり。スタッフに説得されてましたが、なかなか退かない。彼、相当キマッてたと思いますが、2〜3曲くらいセットが進行したあたりでようやくすっこんだ。うーん、しらけます。演奏の邪魔をしない分、まだマシだったけど。 全体的な感想は、やはりTORTOISEはかっこいいなーと再認識したってとこです。

TORTOISE終わってから休憩タイム。
何したっけか。寝てた。休んでた。
で、GREEN VELVETがはじまって少ししてから、まだ行ってないLUNAR STAGEへ。GOLDIEをちらりと覗きに行く。
LUNAR STAGEはでっかい体育館みたいなところ。
閉め切られてるため、暑い暑い・・・。
GOLDIEは、まあ、予想通りというか当たり前というかドラムンベース一辺倒でした。このへんの音がそんなに好きでない俺にとっては、やや厳しい。 10分くらい観て、SOLAR STAGEへ戻る。
VJは宇川直宏だった。むしろヴィジュアル観てた。

で、SOLAR STAGEの後ろのほうで仮眠。
1時間くらいは寝たかと。
起きたら4時で、GALAXY 2 GALAXYがはじまってる。
かっこよかったけども、EYEのDJを観るためにPLANET STAGEへ。
まずは腹ごしらえを、と思いチキンカレーを食らったのだが、激辛。休み休み、水を飲み飲み、頑張って食べるものの、ギブ。残りちょいだったけど、捨てちゃったよ。ゴメンなさい。本当に辛かった。激辛ならそーといってくれ。

EYE (PLANET STAGE 4:30〜)
んで、EYEです。boredoms/V∞redomsのフロントマンである彼のDJプレイは2回ほど観てるのだけれど、ほんとアッパーで楽しい!
ので、今回も当然期待。
それにしてもEYEは時間帯が良かった!
4時半スタートで、6時まで。しらじらと夜が明けてきて、空が青くなってきて、太陽が昇ると同時にどがーんと盛り上げて最高だったなー。草っぱらでがつがつ踊るのは本当に気持ちよかった!

EYE終わったあと、PLANET STAGE脇のトイレへ。
道端で吐いてる人とかがいる。飲みすぎたか。

戻ったら、KAORU INOUEのDJがもうはじまってる。

KAORU INOUE (PLANET STAGE 6:00〜)
井上薫のプレイもずっと観たかったので念願。
新作もすごく良かったし(まだ買ってないけど)。
太陽が横から照りつけてきて暑かったけども、時折涼しい風吹いたりして、なかなかに気持ちよく踊らせていただきました、ごちそーさまでした。

んで、ラストです。SOLAR STAGEに戻る。

OUT HUD (SOLAR STAGE 8:00〜)
締めで彼らですよ。
日もすっかり昇りきり、真っ暗だった会場の様子が明るみになり、そこいらかしこに死んだように倒れこむ人々(寝てる)。
OUT HUDに集まる人はまばら。
しかしラストに面白いもん見せていただきました。
OUT HUDはフィリスとモーリーの女性ふたりに、!!!のメンバー、ニック、タイラー、ジャスティンを併せた5人組バンド
音はベースぶりっぶりのファンクサウンドにハウスっぽい要素がプラス。基本的には!!!と似てるなあと感じた。
!!!のメインヴォーカリストでもあるニックが、朝っぱらから!!!そのまんまの変態ダンスを披露しておりまして、最高でした。疲れがたまって踊りまくりとはいかんかったが、楽しめた。

総括:
なんだかですね、今回のメタモはフジロックで忘れたものを取り返すというような裏テーマが存在。
まず、今年のフジロック、初日から最終日に至るまで、オールナイトで朝まで遊び倒す&踊り倒すという日がなかったこと。これを取り返すことが出来た感じ。フーファイの裏で観れなかったROVOも観たし、フジで観たかったのに無理だったBOOM BOOM SATELITESも観たし。 1ヶ月経って、ようやくフジが完結したような気分です。
場所は静岡・修善寺、METAMORPHOSEだけど。
| ライヴ・レポート | 20:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 20:54 | - | - |
COMMENT
COMMENT POSTING









TRACKBACK URL
http://lightnin1979.jugem.jp/trackback/34
TRACKBACK
メタモルフォーゼのGalaxy 2 Galaxyにソウルパワーを感じたの巻
夏の野外フェス最終章であるメタモルフォーゼ@伊豆修善寺日本サイクルセンターに行ってきた。19時半に目前に着いたが駐車場への仕切りが悪すぎて駐車場に着いたのが21時前。かなりムカつく。が、いわゆるロックフェスじゃないので、会場のムードはリラックスした感じで
| Should I Stay Or Should I Go? | 2005/10/10 5:37 PM |